ブログ感覚でカンタン運営!オーダーメイドの宣伝連動CMSサービス ”ミンク”!

ニュース

リチャード三世
「リチャード三世」は、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる史劇で、シェイクスピア全作中、最も胸躍るピカレスク(悪漢)ロマン。敵も味方も肉親までをも、欺き、殺して玉座を手に入れるリチャード三世の栄光と転落を描く。まるでゲームを楽しむように悪行に邁進するリチャード。その複雑なキャラクターは、まさしく色悪の魅力にあふれ、これまでにも、世界各国、当代を代表する個性派の名優たちが好んで演じてきた。今回この役に挑むのは佐々木蔵之介。演出には、圧倒的なビジュアルセンスと、過剰なエネルギーが渦巻く舞台づくりで“ルーマニアの蜷川”とも称すべき、巨匠シルヴィウ・プルカレーテ。


『リチャード三世』公式サイト

お知らせ

PAGE TOP
あんちゃん
主演は、ライブやバラエティ番組などでの活動に留まらず、舞台でも「美男ですね」やミュージカル「愛の唄を歌おう」など、 数々の話題作に出演してきた北山宏光。2年ぶりの舞台出演で、ストレートプレイ初主演に挑む。
作・演出は劇団ONEOR8の公演をはじめ、小劇場から大劇場まで幅広いフィールド活躍する田村孝裕が担当。北山宏光と、ハートフルな作風を持ち味とする田村孝裕との魅力的な融合が紡ぎだす本作に期待が集まる。


『あんちゃん』公式サイト

お知らせ

PAGE TOP
蜘蛛女のキス
本作は、アルゼンチンの作家マヌエル・プイグが1976年に発表してベストセラーになった小説をもとにプイグ自身の手で戯曲化し、1981年に世界初演された作品。
ブエノスアイレスにある刑務所の小さな監房を舞台に、関わり合うはずのなかった二人の男たちの会話劇で繰り広げられる物語は、ストレートプレイに留まらず、その後、ミュージカル、映画などに形を変えて公開されるほど注目を集めた。
主演は、音楽活動やバラエティに留まらず、近年はドラマ・映画などで俳優としての経験を積んできた大倉忠義。単独初主演となるこの舞台で、初ストレートプレイ、初の二人芝居に挑戦する。共演には、実力派俳優、渡辺いっけい。

『蜘蛛女のキス』公式サイト

お知らせ

PAGE TOP
セカロマ
"セカロマ"こと『新世界ロマンスオーケストラ』。上田竜也(KAT-TUN)が約3年ぶりの舞台主演で初のコメディーに挑む。脚本・演出には、東京グローブ座に初登場となる若手最注目の根本宗子(劇作家・演出家・女優)。東京グローブ座、大阪・シアター・ドラマシティにて上演。
【脚本・演出】根本宗子
【出演】上田竜也 清水くるみ 早織 青山美郷 長井短 根本宗子 宮崎吐夢 西田尚美。

『新世界ロマンスオーケストラ』公式サイト

お知らせ

PAGE TOP
子供の事情
作・演出、三谷幸喜、出演に、天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、林遣都、春海四方、小手伸也、青木さやか、浅野和之、伊藤蘭といった豪華顔ぶれで上演される「子供の事情」は、なんとキャスト全員が10歳の小学生を演じる。

シス・カンパニー公演「子供の事情」公式サイト

お知らせ

PAGE TOP